1.6インプレッサの燃費

 

このサイトは、日本メーカーの燃費データが参考にならないため、サイト管理人がグローバルなサイトを確認しながら、燃費を検証していくサイトです。

 

さて、今回は私の住んでいる雪国でも愛用者が多いインプレッサスポーツの燃費検証です。アメリカには1600ccのデータが無かったため、グローバル・スバルのデータと比較しながらインプレッサスポーツの燃費と性能を確認していきたいと思います。

 

 

 

日本のデータ

1.6 i 

ガソリン FF        リニアトロニックAT

タイヤサイズ        195/65R/15

最高出力           115馬力 /5600rpm

最高トルク           148NM / 4000rpm(15.1 kgf・m)

車両重量          1250kg

 

燃費10・15モード     18.4km/l

JC08モード      16.4km/l

 

 

 

グローバルデータ

1.6 i   

ガソリン FF       リニアトロニックAT

タイヤサイズ       195/65R/15

最高出力         114馬力 /5600rpm

最高トルク         150NM / 4000rpm(15.3 kgf・m)

車両重量         1295kg

 

燃費 urban(lit./100km)7.3 Extra-urban(lit./100km)4.9 Combined(lit./100km)5.8

街乗り          約13.70km/l

高速路          約20.41km/l

複合燃費        約17.41km/l

 

0-100km/h加速    11.8

最高時速         179 km/h (Dレンジ)

 

 

 

次は4WD

日本のデータ

1.6 i 

ガソリン 4WD     5MT

タイヤサイズ      195/65R/15

最高出力         115馬力 /5600rpm

最高トルク        148NM / 4000rpm(15.1 kgf・m)

車両重量          1260kg

 

燃費10・15モード    17.6km/l

JC08モード     15.6km/l

 

 

 

グローバルデータ

1.6 i     

ガソリン 4WD      5MT

タイヤサイズ        195/65R/15

最高出力          114馬力 /5600rpm

最高トルク          150NM / 4000rpm(15.3 kgf・m)

車両重量          1315kg

 

燃費 urban(lit./100km)8.0 Extra-urban(lit./100km)5.3 Combined(lit./100km)6.2

街乗り           12.50 km/l

高速路          18.87 km/l

複合燃費         16.13 km/l

 

0-100km/h加速     12.3

最高時速          185 km/h (5速ギア)

 

 スポンサードリンク

 

 

次はリニアトロニックAT車です。

 

日本のデータ

1.6 i-L 

ガソリン 4WD     リニアトロニックAT

タイヤサイズ&馬力&トルクは 1.6i MT日本データと同じ

車両重量         1320kg

燃費10・15モード    17.6km/l

JC08モード     16.2km/l

 

 

 

グローバルデータ

1.6 i sport       

ガソリン 4WD      リニアトロニックAT

最高出力          114馬力 /5600rpm

最高トルク         150NM / 4000rpm(15.3 kgf・m)

タイヤサイズ        205/55R/16

車両重量          1350kg

 

燃費 urban(lit./100km)7.6 Extra-urban(lit./100km)5.2 Combined(lit./100km)6.1

街乗り           13.16 km/l

高速路          19.23km/l

複合燃費         16.39 km/l

 

 

0-100km/h加速     12.6

最高時速          179 km/h (Dレンジ)

 

結果

街乗り燃費と高速燃費が大きく異なるインプレッサスポーツ。高速燃費はリニアトロニックATを搭載しているため、良好なようです。グローバルデータでは、アイドリングストップ機能の有無が確認できなかったのですが、日本仕様の1.6 i-L AT仕様車ではアイドリングストップが搭載されます。そのため、街乗り燃費ももう少し向上が見込めるかなと思います。実質、14km/L前後あたりかもしれません。

 

また、元カー用品店の店員として一言加えるならば、インプレッサスポーツ 1.6iシリーズが装着している195/65R/15というサイズのタイヤは、種類が豊富でシーズンの変わり目などお値打ちタイヤが安く手に入る可能性が高いです。そのように考えると、スタイルも良く、アイドリングストップと優れた高速燃費。消耗部品も安く交換できる1.6i-Lは車を安く長く乗る人にとってオススメです。

 

しかし、インプレッサスポーツに搭載されている水平対抗エンジンFB16型は、オイル交換だけで約4.8Lオイルを使用し、オイルとフィルターのセットでは約5Lのオイルを使用します。そのため、オイルを1L単位で交換するところでは高く付いてしまうので、新車購入時はオイル交換を含む点検パックに加入するか、エンジンの排気量別で交換を行ってくれるところでサービスを受けた方が良さそうです。例えば、1Lで800円の安いオイルでも5Lで4000円。1年に2回×それを3年で、車検までに24,000円のオイル代がかかります。ここを上手く倹約して付き合うことが、インプレッサスポーツを安く維持するポイントになりそうです。

 

 

 2.0インプレッサスポーツの燃費&加速性能が気になる方はこちらへ

 

スポンサードリンク

 

TOP

スポンサードリンク
車から検索