CX-5のガソリン燃費

 

ディーゼルエンジンのスカイアクティブ-Dでは、低燃費と高出力を実現。そのためか、今一歩目立たないガソリンエンジンのスカイアクティブ-G。しかし、13.0という高圧縮比を実現しながらも、ガソリン車らしい6000回転以上まで回る実力を秘めているスカイアクティブ-Gはかなりの優れものだと思います。今回もアメリカやその他の国からデータを引用してクルマの性能を考えていきたいと思います。

 

 スポンサードリンク

まず、圧縮比13.0という数字。これは、プリウスのエンジンと同じ圧縮比です。ガソリンエンジンの熱効率を引き上げるためには、圧縮比向上が燃費向上対策の1つですが、上げると異常燃焼を起こしやすいためなかなか上げられません。また、燃費向上を狙った圧縮比の高いエンジンは、最高回転数が低くなる傾向にあります

 

 

代表的なエコカーとカローラ、そしてスポーツカーの圧縮比を並べるとこうなります。

 

マツダ  デミオ SKYACTIV     1.3  圧縮比 14.0 最高回転 5400rpm     84馬力

トヨタ   アクア             1.5  圧縮比 13.4  最高回転 4800rpm    74馬力

トヨタ   プリウス               1.8   圧縮比 13.0  最高回転 5200rpm    99馬力

トヨタ   カムリ ハイブリッド   2.5   圧縮比 12.5  最高回転 5700rpm   160馬力

ダイハツ ミライース         0.66 圧縮比 11.3  最高回転 6800rpm   52馬力

ホンダ   フィットハイブリッド   1.3   圧縮比 10.8  最高回転 5800rpm    88馬力

ホンダ   CR-Z  ハイブリッド   1.5   圧縮比 10.4  最高回転 6000rpm   114馬力

 

トヨタ   カローラアクシオ     1.5  圧縮比 10.5 最高回転6000rpm   110馬力

スズキ  スイフトスポーツ     1.5  圧縮比 11.0 最高回転 6900rpm   136馬力

トヨタ   86              2.0  圧縮比 12.5 最高回転 7000rpm    200馬力

マツダ CX-5  SKYACTIV-G 2.0  圧縮比 13.0 最高回転 6000rpm  155馬力

 

1.3や1.5という数字は排気量(リッター)表記です。文字列が収まりませんでした。内容が逸脱しますが、ホンダにはもっと頑張ってもらいたいですね。この圧縮比を実現しながら、しっかり回転数を稼げるエンジンを作りあげたマツダは本当に苦労したと思います。

 

それでは、いつもながらの日本のデータと国外のデータを比較していきます。

 

 

日本

CX-5 SKYACTIV-G  20S

ガソリン     2WD 155ps 6AT

 

タイヤサイズ     225/65R/17

最高出力       155馬力 /6000rpm

最高トルク       196NM / 4000rpm(20.0 kgf・m)

車両重量       1440kg

 

燃費10・15モード  17.6km/l

JC08モード  16.0km/l

 

 

 

アメリカ

CX-5 Touring

ガソリン 2WD FF   155ps 6AT

 

タイヤサイズ      225/65R/17

最高出力        155馬力 /6000rpm

レッドゾーン      6500rpm

最高トルク        150lb-ft / 4000rpm(約20.74 kgf・m)

車両重量        3272lbs  約1484kg

 

燃費 mpg city / hwy 26 / 32

街乗り        約11.05km/l

高速路        約13.60km/l

 

燃費投稿サイトでのCX-5ガソリンエンジンの燃費は、10~14km/lが多いように思いました。平均11.5km/あたり。日産のエクストレイルや、デュアリスよりも気持ち燃費が良い感じです。CX-5のガソリンエンジンは、燃焼効率の良いエンジンで燃費を稼いでいますが、エクストレイルやデュアリスは無段変速機。つまり、CVTでエンジンの効率の良い回転数を利用して燃費を伸ばしているため、そこまで燃費の開きはなかったようです。しかし、高圧縮比かつ6000rpm以上まで回転を許してくれるエンジンは魅力的。有段ギヤでしっかり加速していくエンジンにはドラマがあるので、CX-5のスポーティードライブ性能はかなり高いと思います。この設定はさすがマツダらしい構成です。次はSKYACTIV-Gの4WDの燃費です。

 

スポンサードリンク

 

アメリカ  CX-5 ガソリン4WD  AT

燃費 mpg city / hwy 25 / 31

街乗り        約10.63km/l

高速路        約13.18km/l

 

スロベニア CX-5 ガソリン4WD AT

街乗り        約12.35km/l

高速路        約17.14km/l

複合燃費     約15.15km/l

 

 

スロベニアでは、ガソリンエンジンの細かいデータまで見つけることができました。

0-100km加速性能    9.6

最高速度         187/h

 

以前調べたCX-5ディーゼルの加速タイムが9.4秒なのでほとんど変わりありません。

 

 

スカイアクティブGとスカイアクティブD、装備面ではディーゼルエンジンのXDとガソリンエンジンの20Sがほとんど同じ装備です。そして価格差は38万円。この38万円を燃料代で稼ぐためには、ガソリンエンジンに不利な状況設定をしても77000㎞走行しないと元が取れない事になります。つまりディーゼルエンジンの場合、1年に7700㎞走行する場合はガソリン車を買った場合に対して10年で元が取れ、1年に15400㎞走行する場合は5年で元が取れる計算になります。本当に『ディーゼルの革新技術が欲しい!』と思う方以外は、1年に15000㎞近く走るヘビードライバーでないと、恩恵は少ないのかもしれません。加速性能もほとんど一緒ですから。

 

設定

ガソリンを150円 SKYACTIV-Gの燃費を11km/l

軽油  を130円 SKYACTIV-Dの燃費を15km/l

 

 スポンサードリンク

TOP

スポンサードリンク
車から検索