ヴィッツの燃費

 

日本でもお馴染みのヴィッツは世界でも人気。

すでに70カ国以上で販売され、愛され続けているクルマです。

いつも話が脱線し、前置きが長くなる傾向にあるので今回はスマートに比較。

まず、日本のヴィッツ、売れ筋モデルから確認していきます。

 

 

ヴィッツF

1300㏄ FF CVT タイヤサイズ 165/70R/14

最高出力95馬力/6000rpm

最大トルク12.3㎏・m/4000rpm

車両重量990kg

 

燃費 JC08モード20.6km/L

10・15モード   24.0 km/L

 

ヴィッツU

1500㏄ FF CVT タイヤサイズ 175/65R/15

最高出力109馬力/6000rpm

最大トルク14.1㎏・m/4400rpm

車両重量1040kg

 

燃費 JC08モード18.8km/L

10・15モード   20.0 km/L

スポンサードリンク

まずはアメリカ版ヴィッツ“ヤリス”から比較です。

 

Yaris(ヤリス)5ドアL

1500㏄ FF  4AT タイヤサイズ 175/65R/15

最高出力106馬力/6000rpm

最大トルク103 lbw・ft/4200rpm

1[lbw・ft]=1.3558[N・m]で換算すると14.2㎏・m

車両重量  約1050kg

 

燃費 街乗り12.75 km/L 高速路14.88 km/L 複合13.6 km/L

 

 

次に、ヴィッツRSに相当するモデル

Yaris(ヤリス)5ドアSE

1500㏄FF    5MT タイヤサイズ195/50R/16

馬力&トルクはヤリスLと同じ

車両重量 約1041㎏

 

燃費 街乗り12.75 km/L 高速路16.15 km/L 複合14.02 km/L

 

 

さすが大国アメリカだけあって、販売されているモデルは1500㏄エンジンのみ。そして、燃費向上技術である無段変速機、CVTは採用されていません。なぜCVTが採用されないのか。これは耐久性と関わりがあるようです。日本では、年間走行距離を1万キロ前後と想定して耐久性を考える傾向がありますが、広い大陸のアメリカでは年間15000kmは普通に走行するようです。6年経つと90,000km、10年で考えると15万kmに相当します。そもそもCVTが日本で一般的に乗用車で採用されはじめたのは1990年代後半になってから。採用例も増え、大きなエンジンに対応したモデルも登場してきてはいますが、いまだに20万、30万キロ走行するタクシーや商用車には採用されていないのが現状です。

 

アメリカ中古自動車サイトを確認してみると、2008年~2009年生産モデルの3年落ちヤリスで7万キロ~8万キロ強ほど走行しているクルマは結構あります。中には、123,000マイル=197,900キロ走行しているヤリスでも60万円以上の値段が付いていました。

 

 

話が燃費からそれました。

では、ガソリン1リットル180円を超えるドイツではどうでしょうか。

ドイツでも、ヴィッツの呼び名はヤリス。エンジンは3種類のラインナップです。

 

1000cc 3気筒ガソリン

1300cc 4気筒ガソリン

1400cc 4気筒ディーゼルターボ

それでは、売れ筋グレード1300ccのデータを確認です。

 

ヤリス 5ドア COOL

1300㏄ FF CVT タイヤサイズ 175/65R/15

最高出力99馬力/6000rpm

トルク約12.7㎏・m/4000rpm

車両重量1110~1150kg

 

0 – 100km/h加速    12.6秒

最高時速               175km/h

 

燃費

Verbrauch kombiniert  5,1 l/100 km

Verbrauch außerorts   4,5 l/100 km

Verbrauch innerorts      6,2 l/100 km

 

燃費の訳(たぶん合ってるはず)

複合燃費         19.6km/L

郊外燃費(高速)    22.2 km/L

街中燃費         16.1 km/L

 スポンサードリンク

マツダのCX-5が登場し、日本でもディーゼル乗用車が話題になりつつあるので、

ディーゼルのデータも掲載。

 

ヤリス 5ドア COOL

1300㏄ FF 6速MT タイヤサイズ 175/65R/15

最高出力90馬力/3800rpm

トルク約20.9㎏・m/1800~2800rpm

車両重量1140~1190kg

 

0 – 100km/h加速  10.8秒

最高時速        175km/h

 

燃費の訳

複合燃費         24.3km/L

郊外燃費(高速)    27.8 km/L

街中燃費         20.4 km/L

 

日本では6速マニュアルが少し難点かもしれませんが、ディーゼルエンジンが全ての燃費項目においてリッター20キロを超え。プリウス同等以上の性能を誇っています。日本のガソリン価格が180円以上になったら、人々はリッター20キロ超えの自動車を選ぶようになるようですね。

ちなみに燃費投稿サイトでは、1300㏄のヴィッツ“スマート ストップ パッケージ”で、18 km/Lちょっとでした。分かり難いので一覧を用意。フランスとイギリスも追加しました。

 

ヴィッツとヤリスの燃費(5ドア)  km/L

 

エンジンサイズ   1300㏄      1500

日本  (JC08)   20.6(CVT)   18.8 (CVT

アメリカ(複合)                       13.6 (4AT

                        14.02(5MT

ドイツ (複合)     19.6(CVT

イギリス(複合)     22.2(6MT

フランス(複合)      18.2(5MT

 

日本燃費投稿サイト 18.2(CVT)※スマートストップ

 

 

フランスのヤリス1300ccは最高速175km/h

0-100km加速は 11.7秒

イギリスのヤリス1300ccも最高速175km/h

0-62マイル加速(0-99.78km)も同じく11.7秒

空気抵抗値 Cd値は 0.287でした。

 

 スポンサードリンク

 

TOP

スポンサードリンク
車から検索