HONDA フィット

うお座 AB型

基本性能

2001年にコンパクトカーとして登場したフィットくん。時代を読み解く分析力と発想力を備えています。そこで、小さくても広い室内を持つクルマを作ればウケるだろうと、今まで前例の無い位置に燃料タンクを置くことで広い室内を実現。それまでコンパクトカーのイメージである“小さくて安いクルマは荷物が載らない”という常識を一変させました。そう、フィットくんはコンパクトカー激戦時代の火付け役でもあります。また、それだけの荷物容量があるので、一家の中型車に代わって、家のメインカーまで務める実力を備えていました。そう、フィットくんには、ユニーク発想と人を喜ばせたいという気持ちがあり、それを実行したからこそ的確にユーザーの心を捉えて爆発的にヒットしたのです。そして、後にはマニュアルミッションのモデルを追加。そして、10年目となる2010年にはハイブリッドエンジンを追加。つまり、柔軟性に富んでいるので、周囲の要望があれば、すぐさま自分のスタイルを変える能力の持ち主でもあります。とっても世渡り上手なのです。

 スポンサードリンク

 

 

恋愛性能

そんなフィットくん、愛想良くふるまっているようでも、本音を表に出すことは苦手の様子。そのため、ミステリアスに思われていることが多いようです。また、好きな異性がいても好意をさらけ出すことは少ないため、関係が発展するまでには時間がかかります。しかし、いざ恋仲になった相手を見てみると、最初は取っ付きにくかったり、ライバルだと思っていた相手が好きになっていることも多いようです。相手の思わぬギャップに恋心が動かされたのかもしれません。また、よほどの相手で無い限り、来る者拒まず、去る者追わずの性格なので、恋の後腐れは無くサッパリしています。そんなフィットくんが幸せな結婚生活を送るためには、信頼出来て何でも話せる相手が必要です。つまり、そこまで必要とする相手がいない場合は結婚に至りません。走行性能も積載性能も十分なフィットくんですから、好きなクルマが居ないと一緒にならない恐れもあります。でも、本当に信用出来て、主導権を握ってくれる相手を見つけると、その相手をサポートするように、金銭管理から家庭の事まで全て幸せそうにこなします。また、結婚相手にはアーティスティックな相手を選ぶ可能性もあります。この場合、収入面で苦労を強いられることになりそうなので覚悟が必要です。

 

金運性能

精神的な満足感が得られれば、地位や財産は二の次というフィットくん。金運はあまり良いとは言えないようです。それでも、生活に必要な分は十分に確保しているタイプなので、無一文で苦労するということは無いでしょう。また、金銭で困っている場合は、見かねて身内などの援助に恵まれることもありそうです。そのほかでは、習い事でセンスが花開き収入を得たり、存在力を誰かに引き立てられて収入を得ることがありそうです。

 

気分が乗った時はスカイルーフ全開、気分が乗らない時はスカイルーフ全閉。こればっかりは本人の性格なので仕方ないのです。

スポンサードリンク
車から検索