FIAT 500

水瓶座 A型

基本性能

見るからにフレンドリーなフィアット500くん。その可愛いくて愛嬌のあるボディには、コダワリがいっぱいです。まずはデザイン。フロントビューでは、貝殻のようにラウンドさせたルーフと、丸みを帯びたボディーを台形型に仕上げることで存在感を出しています。そして、サイドビュー。一本のウエストラインを微妙に前側に落としていくことによって、ダイナミック感を演出。リアビューでは、サイドからのウエストラインをテールゲートのラインにすっきり繋げ、一体感のある造形美に仕上げました。最後にメッキパーツをフロント、リア、ドアノブなどに部分的に使用することで高級感を演出。つまり、小さいからって、安っぽく見えることは嫌なのです。小さくてもしっかり高級。そんな反骨精神の持ち主でもあります。

 

また、ソフトトップでルーフが開くモデルやグッチとコラボレーションしてみたフィアット500くんも存在します。とにかくとってもアイデアマンなのです。そして、その他の特徴としては、ツインエアという2気筒エンジンを搭載したモデルが存在します。今までの小型車では、4気筒又は3気筒エンジンが主流なのですが、2気筒に縮小することで摩擦抵抗を低減。燃費を向上させました。その上、ターボも追加することによってパワーも向上。2気筒エンジンでは特有の振動もあるのですが、ある程度抑えつつも自分の乗り味として個性の1つにしてしまいました。フォアット500くん。やり方が巧みです。まさにイタリアンマジックですね。

 スポンサードリンク

恋愛性能

そんなフィアット500くん。恋愛でも、どこか尊敬できる部分を持っている相手を好きになるようです。つまり、相手をリスペクトしながら共に成長したいと思っているのかもしれません。そのため、気付いたら全く違うジャンルのクルマくん達と付き合って来たなんてことも多いようです。また、フィアット500くんは最小回転半径が4.7mと小回りが利きます。お買い物から趣味、ちょっと離れた友人のところへ遊びに行ったりなど、行動範囲は広い様子。そのせいか、恋人に行動範囲を制限されたり、束縛されることは基本的に苦手です。つまり、フィアット500くんの望む恋愛は、どこかの共通な部分で繋がっていて、ベタベタ重すぎない自由な雰囲気を求めるのです。結婚に対してもそのような価値観を持っているので、相手の身勝手な行動に対しても寛容な心をもっています。『クルマもそれぞれ良いところもあれば悪いところもある。少しの失敗は大目に見よう。』そのような機会を相手に与えるので基本的に家庭は円満。いつでも家族みんな笑顔のある家庭を築けるでしょう。

 

金運性能

そして、フィアット500くんは、とっても気前がいいようです。サイフの中にお金が入っていると、自分の為や友人の為に気が付けば使ってしまうことが多いようです。そのため、すぐ引き出せる預金よりも、個人年金や積み立て保険を利用する方が得策といえます。もし、結婚相手がしっかり者であれば、しっかり話し合い、共有の資産を築いたり、これからの資産管理についても決め事をした方が良さそうです。

スポンサードリンク
車から検索