TOYOTA プリウス

かに座 O型

基本性能

原油価格もそれほど高くない1997年に登場したプリウスくん。初代は売れば売るほど赤字というクルマでした。同じトヨタのガソリン車に白い目で見られながらも、ハイブリッド自動車という部分では頑固にその道を貫きます。改良と改善を地道に重ね、一匹狼になりながらも現在のトヨタの看板車種までに至りました。先見の目と努力の結果です。2004年には北米、06年には欧州、09~10年に日本と、数々のカーオブザイヤーを受賞。褒められる事は大好きです。注目された事はとても嬉しかったのですが、売れ筋トップとして責任を負わされることは苦痛だったようです。そのため、後に登場した小型ハイブリッドカーのアクアくんに売れ筋車種の座を譲ります。しかし、いざ売り上げトップの座から外れると少し寂しかったようです。

 

そんなプリウスくんは、目立ちたがり屋の恥ずかしがり屋。自分の性格にヤキモキしながらも、新しいトレンドを取り入れようと、流行の装備、流行のデザインに日々アンテナを伸ばしています。ハイブリッドシステムという頑固なこだわりを見せつつも、クルマの形については時代の流れにしっかり乗ります。トランクのあるセダン型からスタートして、現在は5ドアのハッチバック。頑固な部分とミーハーで優柔不断な面が見え隠れしています。そんなプリウスくん、構造や部品など他のクルマの話題はドンドン取り上げても、自分の構造を話すことはしません。特許の塊。秘密主義なんです。また、相手に対しクレームや文句を言うことも苦手。低速走行中、歩行者に気づいてもらいたくても、エンジン音がしないためなかなか気づいてもらえません。クラクションを鳴らす気も無いので、苦慮の末に思いついたものが車両接近通報装置【♪】マークのボタンでした。クラクションを鳴らして、嫌な奴と思われることは苦手なんです。

 スポンサードリンク

恋愛性能

恋愛面では、受身が得意なプリウスくん。異性から好きと言われると、だんだんその相手を好きになってしまいます。しかし、普通のクルマと違い、エンジンが始動するのはクルマが一定の速度に達してから。自分のエンジンが始動した時には、相手の気持ちは冷めていることがあるので注意が必要です。また、付き合いはじめるとたちまち奉仕型に変身。余ったガソリンあげようか?など、相手に尽くします。しかし、一点集中型の持ち前の努力が、一歩間違えると嫉妬深い性格になる可能性があります。相手との適度な関係を持ち続けるためには、発進はモーター、通常走行はエンジンとモーターで走るように、常に密着した関係ではなく、お互いの関係を適度な距離感を保つと恋愛同棲から結婚生活へと航続距離が伸びるようです。そのような形で結婚に至れば、プリウスくんは家庭を持つことの重要さに目覚め、幸せな結婚生活を作り上げます。

 

金運性能

時代の先読みすることが得意なプリウスくん。金銭面でも時代を先読みするセンスに優れています。きっとこんな市場が活性するのでは無いか?人々はこんなニーズを求めるのでは無いか?今後の資産運用はどこにすべきなのか。アイドリングストップをしながら交差点で静かに模索しています。ピカッ!っと閃いたことにお金を使うようにすると、後々大金となってあなたに返ってくる可能性が高そうです。注意するべきことは、他人や現状の常識に惑わされないこと。まずは、資産運用の本を購入し、基礎から学んでみると良いかもしれません。

 

Top

スポンサードリンク
車から検索